認知症カフェ

認知症カフェとは

♦認知症の方やそのご家族、介護・医療の専門職、地域の方など誰でも気軽に参加できる
♦介護・福祉の専門家と気軽に相談・おしゃべり出来て安心。
♦「認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で暮らし続けることができる社会」を目指す

認知症カフェの効果

ご自身のペースで過ごせる交流の場となり、心理的な安定につながる。
情報交換仲間づくりの場としても利用され、孤立・閉じこもりの防止に繋がる。
♦ご家族にとっては、気軽に立ち寄れるカフェでありながら、介護に関する悩みや不安を専門職に相談できる場所。
♦介護に関する悩みや不安を抱えたご家族どうしの交流の場となり、介護への負担感の軽減につながる。

認知症カフェの在り方

1.認知症の人とその家族が安心して過ごせる場
2.認知症の人とその家族がいつでも気軽に相談できる場
3.認知症の人とその家族が自分たちの思いを吐き出せる場
4.本人と家族の暮らしのリズム、関係性を崩さずに利用できる場
5.認知症の人と家族の思いや希望が社会に発信される場
6.一般住民が認知症の人やその家族と出会う場
7.一般の地域住民が認知症のことや認知症ケアについて知る場
8.専門職が本人や家族と平面で出会い、本人家族の別の側面を発見する場
9.運営スタッフにとって、必要とされていること、やりがいを感じる場
10.地域住民にとって「自分が認知症になった時」に安心して利用できる場を知り、相互扶助の輪を形成できる場

引用先:https://www.azumien.jp/contents/industry/00047.html